記事一覧

注目ニュージェネガール

ファイル 9-1.jpgファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpgファイル 9-4.jpg

寒くたって冬のファッションを楽しむことをいちばんに考えるのがナイロニスタのポリシー!  ファーにレザーにフリンジ…、上手にトレンドを取り入れるおしゃれガールズたちのベストパートナーに注目♡

新シーズン『テラスハウス』に出演していることでも話題の彼女は、モデルと現役大学生の2つの顔を持つ女の子。おしゃれなファッションとスタイルの良さで、おしゃれガール達からも人気も集めている。モノトーンなスタイルが好きという彼女の今季の気分に注目!

青春らしいストーリーが面白い小説。大槻ケンジさんの作品のなかでもいちばんのお気に入り

大人っぽく上品な印象の彼女は、なんとまだ19歳。モデルの活動はもちろん、趣味で描いているイラストがハイクオリティで驚き! 荷物が多いのはみんなが必要になりそうなものを持ち歩いているからという心優しい一面も。今後の活躍に期待大のスーパーガール!

趣味はイラストを描くこと。今は趣味で描いているけど、来年から学校に通って本格的に勉強する予定

レオパード柄で派手に見えがちなコートは、デニムやスニーカーでラフに着るのがおしゃれ。足もとはグレーにして大人っぽく♡ 全て 本人私物

グリーンを基調としたカラーリングがとってもユニーク♡ インパクト抜群のうえ、大人っぽく着れるのがうれしい 全て 本人私物

ゆるっとした雰囲気とボリューム感がベストなUSEDのニット。ボトムもゆるめのアイテムを合わせ、メンズライクに着るのがルール 全て 本人私物

着心地も良くて、どんなシーンにも使える優秀アイテム。アクセサリーなども着けず、ワントーンでマニッシュに着るのが好き 全て 本人私物

友達がデザインしたロングコートはシンプルなので、あえて大胆なピンクのスカートをオン。丈感も抜群でスタイルアップも狙えちゃう! 全て 本人私物

メッシュやシースルーなどを使ったストリートテイストのワンピース。動くたびにひらひらゆれる裾でさりげなく女の子らしさもアピールできちゃう 全て 本人私物

赤系の髪色に合わせてワインレッドをチョイス。オールブラックのアクセントになるし、スタンダードだからずっと使えるのもうれしい 全て 本人私物

原宿にオープンする「デサント」日本最大の旗艦店がお披露目

ファイル 5-1.jpg

デサントのコーポレートブランド「デサント(DESCENTE)」は2月6日にオープンする日本最大の旗艦店「デサント トウキョウ」のプレス向け内覧会を行った。アーバンリサーチストア(URBAN RESEARCH STORE)渋谷店の跡地に出店する同店舗は地下1階、1階、2階の3フロア構成で店舗面積は計約500平方メートル。「デサント」ブランドの国内直営店は同店で10店舗目となる。

 地下1階はスポーツに特化し、トレーニングウエアや、デサントが運営する「イノヴェイト(INOV-8)」のシューズをそろえる他、3秒で自身の体の歪みを計測し、解決法を提案する“カラダバランス”コーナーを設置。1階は「デサント」のルーツでもある野球用品を多く用意し、ユニホームのカスタムオーダーにも対応する。入口付近では、世界最大のスポーツ見本市ISPOで過去にアワードを受賞した「デサント」のプロダクトを3月3日まで展示中だ。また、鹿児島の「すすむ屋茶店」のティースタンドを併設し、店舗で日本茶を飲むこともできる。2階は“水沢ダウン”が代表的な「デサント オルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN)」や「デサント ポーズ(DESCENTE PAUSE)」などのファッション性の高いアイテムをそろえた「デサント ブラン(DESCENTE BLANC)」のショップインショップとなる。書籍関連のプロデュースなどを行う「NUMABOOKS」が選んだ書籍の販売コーナーと、トークショーやワークショップを行うためのイベントスペースを設ける。

 店舗のお披露目に先立って行われた会見では、小川典利大デサントジャパン常務による戦略発表や元競泳選手の北島康介と小川常務とのトークショーが行われた。小川常務は「デサントの独自性であるモノづくりの力をより都心で打ち出していくためには、直営店事業の強化が不可欠。卸と直営のバランスは取りつつも、『デサント トウキョウ』を皮切りに、都心に直営店を出店していく。ゆくゆくは20店舗にまでは拡大したい」とブランド戦略についてコメント。北島康介は「オリンピックにはデサントの『アリーナ(ARENA)』のウエアを着て出場したし、今は私生活で『デサント』のウエアを着用している。『デサント』は海外にも誇れるブランド。好立地であるこの店舗は、東京オリンピックが開催される2020年に向け、多くの人にブランドのパワーをアピールしていけるはず」と期待を寄せた。

 また、現在話題となっている伊藤忠商事による株式公開買い付け(TOB)については「2月14日までにデサントとしての表明を発表するので、それまでは静観いただきたい」とのコメントにとどまった。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ